魔法少女リリカルなのはViVid Memory;66☆「ネクスト・ツアー!」

 風邪ひきました。

 仕事中怠かったです。後輩が風邪で休みと聞いて自分も休めばよかったかもと思いました。

 さぁ今回もやりましょう魔法少女リリカルなのはViVid。

 先ずはコンプエースの表紙と付録。

141027 2 (1)



 141027 2 (2) 141027 2 (3)

 表紙はFate/stay night、付録は魔法少女リリカルなのはViVidフルカラーコミック小冊子「ViVid stage」

 それでは本編の紹介は続きからどぞ。


 魔法喫茶になのは、フェイト、ノーヴェが到着。

 一方ヴィヴィオは挑戦者のハリーを相手に見事防戦しました。

141027 2 (4)



 第66話のサブタイトルは「ネクスト・ツアー!」

 魔法喫茶午後の部のクライマックス。おもちゃのラインダンスが大盛況に終わり、昼休みに入るヴィヴィオ達。

 ハリー達は次の試合に向けての練習のためお暇することに。

 ミウラも練習があるのではないかと心配するヴィヴィオですが、最近のミウラはオーバーワーク気味で今日は完全休養日だからザフィーラとヴィータが心配している旨をノーヴェから聞かされ口ごもるミウラ。

 みんなから休むことも大事だからと一緒にお昼を食べることになりました。

 アインハルトはハリー達を送り、その足でユミナを昼食に誘います。

 ベンチで広げられた豪華なお弁当はリオのお母さん作の故郷ルーフェンの郷土料理でした。

 着替え終えて合流したアインハルトとユミナを加えて食事を始めます。リオの故郷の料理にみな舌鼓をうちます。

 そこへスバルとディエチ、イクスがやってきます。小さなイクスに驚きの表情なミウラとユミナ。

 昼食を終えてミウラに声をかけるユミナ。

 ユミナはミウラがオーバーワーク気味で疲労が溜まっていることを見抜いていました。

 そこでユミナはミウラをベンチに寝かせ背中から腰までの7か所を突き、マッサージを始めます。

 ユミナによって腰回りをほぐされたことで下半身が軽くなったことに驚くミウラ。

 ユミナは生体施術の二級を取ったばかりとのことで、クラスでもよく友達にマッサージをよくしていたようです。

 本当はアインハルトにもしてあげたかったようですが、この間まで資格がなかったことと、選手の体はその人が時間を思いをかけて一生懸命作り上げた作品だから資格もなしに半端な気持ちで「触らせて」とは言えなかったようです。

 話は変わって、リオはミカヤに次の連休の予定について尋ねます。

 リオの祖父から連休に友達を連れて遊びにおいでと言われていて、チームみんなで田舎の山で練習したり、武術や剣術のの秘伝書を探したりする名付けて「リーチン紀行・春光拳の秘伝書をさがせ!ツアー」を予定しているのでミカヤにも声をかけるリオ。

 目を輝かせ是非参加するというミカヤ。

 ミウラ、イクス、ユミナも参加することになり、連休に思いを馳せつつ学院際をフィナーレまで頑張ろうと気合を入れるヴィヴィオ達。

 ノーヴェは引率で忙しくなります。

 ユミナの意外な特技が披露されたことで、学院際だけのキャラクターではなくなりましたね。

 学院際で盛り上がった後はリオの実家へ。

 付録の小冊子にはフルカラー版の23、24話が収録されています。ミウラ対ミカヤ戦の序盤ですね。

 4巻以降フルカラー版単行本が出ませんけど、出さないんでしょうか。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック