1/144HGBF ビルドバーニングガンダム レビュー

 のんびりと過ごすはずだった3連休は怒涛の連休となりました。

 日曜に祖母の四十九日と親戚のお通夜、今日はお葬式なうえ、台風上陸と。休みなのに疲れが重なることになりました。

 今回は1/144HGBF ビルドバーニングガンダムのレビューです。

141013 (1)



141013 (2)



 キットの紹介は続きからどぞ。



 フロント&リア

141013 (3)



 頭部アップ

141013 (4)



 交換用ハンドパーツ

141013 (5)



 クリアパーツの交換

141013 (6)



141013 (7)



141013 (8)



 バトルエフェクトパーツ

141013 (9)



141013 (10)



141013 (11)



 ポージング

141013 (12)



141013 (13)



141013 (14)



141013 (15)



141013 (16)



141013 (17)



141013 (18)



141013 (19)



141013 (20)



 ビルドファイターズトライも放送が始まりました。レコンギスタよりこちらの方が期待大。

 ガンダムシリーズでも珍しい武器を持たない、格闘戦特化のガンダム。とてもGガンダムっぽいですね。デザインから大河原さんの雰囲気がとても出ています。

 ドムの中から出てきたときには「ナドレか!」と突っ込んでしまいました。

 武器の代わりにエフェクトパーツが充実しています。

 胸部や手首が可動するためよりダイナミックなポージングをとらせることができます。

 ビルドバーニングって何がベースなんだろう?

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック