魔法少女リリカルなのはViVid Memory;65☆「学院際!」

 昨日と今日の教習を乗り越え、フォークリフトの試験に合格しました!車の運転以外で唯一の資格を獲得しました。

 さて、少し遅れましたが今回もやりましょう魔法少女リリカルなのはViVid。

 先ずはコンプエースの表紙と付録。

140928 (1)



 140928 (2) 140928 (3)

 表紙はプリズマ☆イリア、付録はFate/プリズマ☆イリアの両面下敷きと魔法少女リリカルなのはINNOCENTシリアルコード。

 それでは本編の紹介は続きからどぞ。




 アインハルトのクラスの出し物「スポーツバー」を訪れたハリーはアインハルトに腕相撲の勝負を挑みます。

140928 (4)



 ユミナの試合開始の合図とともに2人から魔力の衝撃波が吹き荒れます。

 一進一退の攻防が続きますが、2人の魔力が強すぎて競技台が壊れてしまいます。

 熱くなりすぎてしまったと反省する2人。

 競技台の修理の間ハリーを案内するようユミナから勧められるアインハルト。

 そこにミカヤもやってきます。

 ヴィヴィオのクラスでは魔法喫茶のショータイム、おもちゃのダンスパーティーが始まりました。

 そこへアインハルトたちもやってきます。

 ショータイムのさなか隣のクラスからヘルプの要請がかかります。

 ヴィヴィオはBクラスの出し物「ストライクデビル(ボールを使った射的で、悪魔に扮した生徒が妨害するゲーム)」のエクストラハードモード用助っ人として呼ばれていました。

 そのころなのはとフェイトも学院際のやってきました。同じころやってきたノーヴェと偶然合流し一緒に行くことになります。

 ストライクデビル用の衣装に着替えたヴィヴィオ。

 エクストラハードモードに挑戦するのはルーテシア、ミウラ、はやて、ヴィクターの4人でした。

 ヴィヴィオからルール説明を受け最初に挑戦するのはミウラ。

 ミウラはボールを蹴ってもいいかの確認をとり、1球目を蹴るミウラ。しかしヴィヴィオにあっさり止められてしまいます。

 ルールで4人同時もオーケーということで4人が同時に魔法を込めた球を放ちます。

 しかし、ヴィヴィオは見事に全て防ぎました。

 となりの盛り上がりは魔法喫茶にも聞こえていました。

 みんでお昼を食べることになり、アインハルトはユミナを誘いたいと言います。


 学院際はまだまだ盛り上がりの様相を呈しています。

 さて来月から3ヶ月連続で魔法少女リリカルなのはTVアニメシリーズのブルーレイボックスのリリースが開始されます。

 今年はブルーレイボックスが大変だ。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック