ORIGINAL CHRONICLE 魔法少女リリカルなのはThe1st 第8話

 8月になりました。なんかまた台風が近づいているみたいですね。

 さぁこちらもやりましょう、ORIGINAL CHRONICLE 魔法少女リリカルなのはThe1st。

 先ずは娘TYPEの表紙。

140801 (1)



 表紙はラブライブ、付録は艦これ両面B2ポスター。

 それでは本編の紹介は続きからどぞ。


 早朝顔を洗いながらフェイトのことを思い出すなのは。

140801 (2)



 今回は第8話。

 美由希に朝の挨拶をして散歩に出かけるなのは。

 恭也と美由希はここ1週間なのはの早起きが続いているのが気になっているようです。

 学校にてなのはに挨拶するアリサとすずかですが、なのははボーっとして反応しません。

 痺れを切らせたアリサはつい声を荒げてしまいます。

 なのはは謝りますがアリサの怒りは収まりません。

 今のは自分が悪かったからとすずかにアリサのところへ行ってというなのは。事情を話せないなのははごめんねと教室を出ていくアリサに向かって小さく謝ります。

 アリサを追いかけるすずか。あんまり怒らないよう諌めますが、アリサの怒りは収まりません。迷っていて困っているのに何度聞いても何も教えてくれないと。

 友達でも言えないことがある、なのはが秘密にしたいことだったら自分たちは待ってるしかないんじゃないかと言うすずかですが、だからこそ少しでも役に立ちたい、何もできないかもしれないけど一緒に悩むことはできるというアリサ。 なのはがいたから自分たちは友達になれたんだからと。

 下校中おけいこまで時間があると言うすずかですが今日も用があるからごめんと断るなのは。

 今の顔を家族に見られたくないから寄り道することにしたなのは。

 車の中で初めて会った頃のことを思い出すアリサとすずかすずか。

 なのはとアリサが大喧嘩してそれを止めたのが事の発端だったすずか。

 なのは寄り道したのは鯛焼きの屋台でした。

 帰宅したなのははユーノにアリサとの事を話します。時間があれば魔法の訓練をしていたためそのために上の空の状態になっていました。

 夕食の時間までジュエルシード探しに出かけたなのはたち。

 ユーノは先になのはに帰るよう言って自分はもう少し探すといって探索を続けます。

 一方同じくジュエルシードを探しに来ていたフェイトとアルフ。およその場所は分かっているため、魔力流を打ち込んで強制発動させようとするフェイト。魔力を打ち込む役を自らかってでるアルフ。

 街中で強制発動させようとするところを察知したユーノは広域結界を展開。

 ジュエルシードを発見した両者はともに封印砲を発射。

 なのはのフォローに駆け付けようとするユーノの前に立ちはだかるアルフ。

 同じ目的を持っているからぶつかってしまうのは仕方がないのかもしれない。だけど、どうしてそんなに寂しい目をしているのか知りたい。

 なのははフェイトに自己紹介をし、わかり合うためにフェイトと話をしようとします。

 
 出会った頃のなのは、アリサ、すずかのことやアリサ、すずかの心象がアニメや映画よりも詳細に描かれていました。これは小説かドラマCDのネタでしょうか。

 これからフェイトの説得にかかりますね。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック