グローランサーシリーズについて その11「シリーズの評価パート2」

 前回に引き続きグローランサーシリーズついてです。テーマは「シリーズの評価パート2」。前回1~4までについて書きましたので、今回は残りの4リターン、5、6について書きます。

 では、まず各評価を。

 グローランサーⅣリターン:グローランサーⅣのファンディスクなのですが、そこまで知りたかった事でもなかった内容。特にルーミスとバウワーの話は。Ⅲとリンクする必要があったのかと思う、主人公が帰還するまでの話。ゲームとしての内容もボリュームもイマイチ。1番の目玉はDVDアニメでしょうか。


 グローランサーⅤ:3D化したのは良かったのかどうか。移動速度がとにかく遅い。あれだけはストレスが溜まる。ロール2~ロール4はハッキリいっていらない。特にロール3。ロックバインなんて味方になるわけでもないのに。そしてメインのロール5ですが、主人公=空気。なんかカワイソすぎる。不評ばかり書いてますが、自分はアビリティーツリーは結構気に入ってました。


 グローランサーⅥ:ストレスが溜まった移動速度は改善され、5のよりも全体的に良くなった。良くなかったところは、5ブレーカー。5の話をなかったことにしてしまったこと。5はなんだったんだと思わざるを得ないところがなんとも。面白くないわけではなく、どちらかと言えば面白い方になります。

 と各シリーズを簡単に、箇条書きで評価しました。不評も多々書きましたがシリーズ通して面白かったと思います。最初はキャラデザで始めたグローランサーシリーズですが、いまはストーリーもハマりました。PSPでグローランサーが移植されますが、残念なことに自分はPSPを持っていないので今はプレイすることが出来ません。なんとかPSPを購入してPSP版グローランサーをやりたいと思います。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック