グローランサーシリーズについて その10「シリーズの評価」

 久々になりますが、グローランサーシリーズについて書きます。けして飽きたとかではありません(汗)。

 今回のテーマは「シリーズの評価」です。ずいぶん前1をプレイ中にランキングしましたが、そのときはまだ2をやってませんでした。で、1~6まで終えたので新たにランキングし、各シリーズの評価を2回に分けてしてみたいと思います。

 現在のランキングは、

 4>1>6>3>4リターン>5>2 
 
                                                でしょうか。

 各シリーズの評価ですが、

 グローランサー:さすが原点なだけあって面白い。ストーリーのボリュームも十分。10年も前のゲームなのに、現在でも通用すると思う。PSPでもでるし。ただ気になったのは、パーティーメンバーでルイセとウォレスが外せないことでしょうか。ルイセはストーリー上重要なキャラなので分かりますが、ウォレスはなんで?

 グローランサーⅡ:続編にしてはちょっと面白みに欠ける。Ⅱというより外伝。分岐で複数の結末がありますがそれゆえにストーリーが短くボリューム不足。マップ移動がポイントごとだったりダンジョンなどが無いのもちょっと。パーティー多すぎ。不満要素がちょっと多いかなと。

 
 グローランサーⅢ:Ⅱにくらべてかなり良くなった。マップ移動やダンジョンも戻ってきて良かった。ストーリーはⅠにくらべるとちょっと劣るかなといったところ。キャラはⅡにくらべてこっちの方が好み。ただ攻略キャラが少し少なくなったのが残念。


 グローランサーⅣ:1番最初にプレイした作品。それゆえ1番面白かったと思う。ストーリーの内容もボリュームも1番。ただ条件を満たさないと死んでしまうキャラがパーティーメンバー以外のサブキャラしかも立ち絵すらないキャラでもあったりするのは必要だったのかと思う場合がある。最後の方の展開が少し急ぎ足ぎみだったのが気になるぐらい。

 まずはここまでにします。4リターン、5、6については次回にしたいと思います。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック