figma 本多・二代

 3月も終わりですね。笑っていいともの最終回を見ながら更新してます。

 今回はfigma 本多・二代のレビューです。

 140331 1(1) 140331 1(2)

140331 1(3)



140331 1(19)



 詳細は続きからどぞ。



 前後ビュー

 140331 1(4) 140331 1(5)

 頭部アップ、交換フェイス、髪留め、交換前髪、翔翼エフェクト(頭部用)

140331 1(6)



 ディスプレイスタンド、交換ハンドパーツ

140331 1(7)



 翔翼エフェクト(膝用)、翔翼エフェクト用台座

140331 1(8)



 蜻蛉切《短》、《長》、蜻蛉切エフェクト

140331 1(9)



 刀一式

140331 1(10)



 ポージング

140331 1(11)



140331 1(12)



140331 1(13)



140331 1(14)



140331 1(15)



140331 1(16)



140331 1(17)



140331 1(18)



 あれだけ個性的なキャラクターがいる中で何故二代が選ばれたのか。大抵作品のメインキャラとかキーキャラクターがラインナップされてきたのに。ホライゾンじゃないんだと思ってしまいました。

 原作は読んでないのですが、アニメを見た限りでは一番戦闘らしい戦闘をしていたように思います。

 蜻蛉切の長いバージョンがホントに長くてビックリしました。fgimaってほんと時々長すぎたりデカすぎたりするパーツが付いていて飾る場所に困ってしまうことがしばしば。

 開封時エフェクト台座使い方がよくわからなくてエフェクトをはめて置くんだってことに気付くのに時間がかかりました。

 アニメを見て原作を読んでみたいと思ったのですが、ラノベなのに1巻1巻がとにかく分厚くて追いつくのが何時になるのかが見えないので今のところ避けています。SAOでさえ1年がかりでやっと追いついたのに。

 3期アニメやらないかなぁ。



 
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック