ORIGINAL CHRONICLE 魔法少女リリカルなのはThe1st 第5話【前編】

 今月もあと数日ですね。来月から増税で色々と高くなってしまいますね。

 さぁこちらもやりましょうORIGINAL CHRONICLE 魔法少女リリカルなのはThe1st。

 先ずは娘TYPEの表紙と付録

140329 (1)



 表紙は魔法少女リリカルなのは、付録は艦これの両面ポスターとガールズ&パンツァーとストライクウィッチーズの両面ポスター、魔法少女リリカルなのはThe1stコミックスかけかえカバー。

 それでは本編の初回は続きからどぞ。



 ジュエルシードは諦めてと言って去っていくフェイト。

 ユーノも駆け付けますが事が済んだ後でした。

 なのはは気を失いながらもフェイトのとこが気になっています。

140329 (2)



 外科の治療を月村邸で受けるなのは。ユーノが助けを呼びに行ったようです。アリサ何で知らせてくれなかったのとご立腹。

 みんなにはユーノを探しているうちに転んで気絶してしまったと説明したなのは。嘘をついたことに後ろめたさを感じます。

 帰宅すると心配していた両親と美由希が駆け付けてなのはを出迎えます。

 心配してくれたみんなに「ごめんなさい」の気持ちでいっぱいのなのは。

 夜、夕方の出来事についてユーノと話すなのは。

 フェイトが持ってたバルディッシュやジャケット、魔法の使い方からユーノと同じ世界の住人だというユーノ。

 ジュエルシードを集めをしていたらまたぶつかるのかと懸念するなのは。しかし、フェイトに対しては悲しいような寂しいような複雑な心境です。

 そんななのはを見てユーノは再びひとりでジュエルシード集めをすると言い出します。

 がなのははそれを止めます。

 最初はユーノの手伝いだったけれど今は自分の意志でやっていると。「自分なりの精一杯」じゃなく「本当の全力」で。

 怪我をしないようにみんなに心配掛けないように、魔法の上手な使い方を教えてほしいとユーノに頼むなのは。

 ユーノとそしてレイジングハートはそれを承諾し、体力と魔力を回復させるため早く休むことにします。

 
 The1stでは初の前後編になりました。

 Forceでは前後編が多くなってきてから雲行きが怪しくなってきただけに、ちょっと心配です。

 月村邸で治療を受ける展開はアニメ、映画ともに無かったハズ。ドラマCDか小説が元ネタでしょうか?

  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック