魔法少女リリカルなのはViVid Memory;59☆「オール・オア・ナッシング」

 今月も残り数日。

 来月から8%へ増税されるので買えるものは買っとかないとと思っていたら財布が大分ピンチになってきました。

 今月発売発売だった物がいくつか延期になってしまい、用意していた分よりプラスしなければならないと思うと、発売延期に腹が立ちます。

 さぁ今回もやりましょう魔法少女リリカルなのはViVid。

 先ずはコンプエースの表紙と付録。

140327 (1)



140327 (2)



 表紙は魔法少女リリカルなのはViVid、付録は魔法少女リリカルなのはViVid手帳と魔法少女リリカルなのは魔法少女リリカルなのはINNOCENTスペシャルシリアルコード。

 それでは本編の紹介は続きからどぞ。



 ヴィヴィオのアクセルスマッシュWをくっらってダウンしてまったアインハルト。ノーヴェのカウントが聞こえて試合中だったと気づき立ち上がります。

140327 (3)



 第59話のサブタイトルは「オール・オア・ナッシング」

 ヴィヴィオの蹴り攻撃が上段廻打蹴りだと判断するアインハルトですが、ヴィヴィオが繰り出したのは可変蹴りでした。

 続くヴィヴィオの拳を裁き顔面にストレートを繰り出すアインハルトですが、ディフェンダーで防がれ逆に顔面にカウンターを受けてしまいます。

 しかし踏ん張り覇王弾空拳を放つものの交わされてしまいもう一撃顔面にストレートをくらってしまい垂直に落ちてしまいます。

 ティオやディエチの声のおかげで立ち上がるものの立っているだけのアインハルト。

 しかしコロナとリオの声援が聞こえて目に力が戻ります。

 ヴィヴィオの拳を裁きカウンターをヒットさせヴィヴィオをダウンさせます。

 激しいダウンだったものの打撃と衝突もしっかりディフェンダー防いでいたヴィヴィオ。

 ヴィヴィオの表情を見て若干悪寒がはしるアインハルト。

 それでヴィヴィオが何か怒っている、それは自分が起こらせることをしたんだと思うアインハルト。どうすればいいか考えながらも先ほどの直撃で足が効かず腕も上がらない状況。

 ヴィヴィオの拳がアインハルトの顔面を捕えますが脚に効いていたダメージで一瞬足が沈んで偶然にもヴィヴィオの拳をかわしカウンターがヴィヴィオの腹部にヒット。これはディフェンダーで防がれませんでした。

 これがきっかけとなってディフェンダーの弱点が知られてしましました。

 ヴィヴィオの魔力は決して多くはないため限られた魔力量を攻撃と防御の瞬間に完全に集中していて、魔力運用の上手い子はコレを上手く使うとのこと。

 攻撃のときは防御がゼロに、ディフェンダーの時も防御箇所以外裸に等しい状態であると。

 ヴィヴィオの戦い方が危険だと目線でノーヴェに訴えるアインハルトですが、ノーヴェは止める気配すら見せません。

 どうして?そこまで自分に勝ちたい理由があるのかとヴィヴィオに問うアインハルト。

 両手いっぱい胸いっぱいあると答えるヴィヴィオ。しかし言葉だけでは届かないから今の自分と自分たちの今をぶつけると続けます。

 ヴィヴィオの伝えたいことがまだわからないというアインハルト。しかしヴィヴィオの戦い方は危険だからそれを止めたうえで話を聞かせてもらうと、再び構えをとります。

 
 不器用ながらもまっすぐにぶつかり合う2人。次回ヴィヴィオの想いは伝わるのでしょうか?

 単行本情報として来年1月に13巻限定版が発売されます。もう来年のことまで決まってるんですね。というか12巻は限定版ないの?アニメイト限定版はあるのかな?

 あとついになのはTVシリーズのブルーレイボックス化が決まりましたね。

 10月から3ヶ月連続で。

 今年はブルーレイボックスがヤバいかも。勿論3つとも予約して買うつもりですが。

 他にもガンダムビルドファイターズのボックス2が予約済みで、マクロスⅡのボックスを買おうか考えてるところですし、とある飛空士への恋歌のボックスも前向きに買うつもりですし。

 全て買うなら発売月前後は切りつけていかないとそうとうやばそうです。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック