魔法少女リリカルなのはViVid Memory;58☆「四度目」

 今月ももう終わりですね。2月はあっという間です。

 さて遅くなりましたが今回もやりましょう魔法少女リリカルなのはViVid。

 先ずはコンプエースの表紙。

140228 (1)



 表紙は東方鈴奈庵、付録は東方鈴奈庵すごろくかけかえカバーと魔法少女リリカルなのはINNOCENTスペシャルシリアルコード。

 それでは本編の紹介はづつ月からどぞ。



 特訓を終えてアインハルトとの練習試合に向けて気合十分なヴィヴィオ。

140228 (2)



 第58話のサブタイトルは「四度目」

 午前8時家を出るヴィヴィオ。同じころアインハルトもディエチと共に出かけます。

 2人の試合を見るために聖王教会に集まったのはジーク、ヴィクター、コロナとリオ、ルーテシア、シャンテそしてルーテシアとセインに連れられたファビアでした。

 ヴィヴィオは既にアップ中。ミウラとの試合で決められなかったという必殺技をちゃんと仕上げてきただけでなくちょっとやんちゃするかもとノーヴェに言います。

 危険があれば何があろうと止めるというノーヴェにそこは愛弟子を信じてと言うヴィヴィオ。ノーヴェもコーチの裁量を信じろと返します。

 ヴィヴィオがアインハルトのために頑張ろうとしてるのはわかってるからそれを含めて見守っていると照れながら言うノーヴェ。

 アインハルトも到着しました。

 試合形式はフル装備で2ラウンド一本勝負。ライフ計測ナシで決着はKOかギブアップのみ。

 軽い練習試合かと思っていたアインハルトですが、ヴィヴィオの雰囲気をが試合状態であるから油断はしないと言います。

 そしてジャケットを装備する2人。

 ここでアインハルトはヴィヴィオのジャケットの色が違うことに気付きます。ジャケットの上着が白から黒になっています。かつての聖王ヴィヴィオの時と同じになっています。

 ファビアはそれを見てオリヴィエの戦装備と似ていると思います。

 開始位置に立つ2人。ラウンド1開始です。

 開始と同時に先制の蹴りを入れるヴィヴィオ。

 早く鋭い攻撃に顔をしかめるアインハルト。完全に試合のコンディションに仕上がっているヴィヴィオ。

 回避主体のヴィヴィオは防御が繊細で脆い、被弾しながらでも技術の生かせる距離を殺そうとするアインハルト。

 試合を見ているジークもヴィヴィオの打撃力だとアインハルトを止めるにはクリーンヒットしかないと言い、突き放そうと強打を打てば隙が出来る、一線級のインファイターならその隙は見逃さないと分析します。

 そのとおり距離を詰めて腹部に一撃を入れるアインハルト。しかしその攻撃はセイクリットディフェンダーによって防がれてしまします。

 腕以外では発動できなかったはずだと驚くアインハルト。

その隙を付いて用意してきた必殺技「アクセルスマッシュW」がアインハルトを直撃。

 ヴィヴィオは今の自分でも10回試合したら9回は自分が負けると思う、だけど4戦目の今日は自分が勝つと宣言します。

 今の自分たちのことをちゃんと見てほしいからと。


 最初ヴィヴィオのジャケットが黒くなっていたのは塗り間違いかと思いました(笑)

 初手からヴィヴィオがガンガン攻めていますね。これはアインハルトも本気になならざるを得ないでしょう。

 次回はアインハルトの番、でしょうか。

 最後にViVid紹介の記事での誤字報告をしてくれた方々ありがとうございます。気を付けているつもりではいるのですが、またありましたら教えてください。

 
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- : 2014/02/28 (金) 23:07:31

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ通知 :

トラックバック