1/144HG キュベレイパピヨン レビュー

 そういえば昨日発売されたんですよねPS4。

 買おうか迷ったのですが、残念ながら懐にそんな余裕もなく来月は膨大な予約のため貯金に頼らなければならないかもしれないといった事情で一先ず先送りしました。

 とはいえ特にやりたかったソフトもなかったですし、三國無双7もとりあえずPS3のがあるからいいかなと思いましたし。

 今回は1/144HG キュベレイパピヨンのレビューです。

140223 (1)



140223 (2)



 キットの紹介は続きからどぞ。


 フロント&リア

140223 (3)



 頭部アップ

140223 (4)



 コックピットハッチ

140223 (5)



 ランスビット

140223 (6)



 ビームガン/ビームサーベル

140223 (7)



 ファンネルビット

140223 (9)



 ディスプレイスタンド

140223 (10)



 ポージング

140223 (11)



140223 (12)



140223 (13)



140223 (14)



140223 (15)



140223 (16)



140223 (17)



140223 (18)



 通常のキュベレイを作ったことがないのですが、通常の1/144と比べるとやっぱり大きいですね。

 各部の模様の影響から全体に新規的にパーツが多いです。

 初期HGUCキットですから現在のキットと比べるとその出来の違いが現れています。もとのキュベレイは10年ぐらい前に発売されてますし。

 頭が殆ど左右に向けられません。

 模様が全てシールって昔のBB戦士みたいですね。最近のHGではここまでシールが多いのは珍しいです。どうせ新規パーツにするなら模様も赤いパーツで再現すればいいのに。

 その分のコストアップが懸念されたんでしょうか。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック