劇場版『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!』

 劇場版『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!』

 を見に行ってきました。

 パンフレット

140126 1 (1)



 来場者配布品

140126 1 (2)



 朝一のを見るために普段の出勤時の起床時間に起床しまだ日も昇っていない中バスに乗り電車に乗るころには日も昇ってました。

 上映開始から2日ですが、朝一だというのに結構な人がいました。8割ぐらいが男性でしたが。

 ネタバレを含む感想は続きに書きます。

 まだ見てない人は気を付けてください。



 今回のアイマスはアリーナライブ。

 新たに候補生としてミリオン組から7人がバックダンサーとして登場します。

 前半は合宿がメインとなっています。765プロのメンバーはアリーナに向けて練習に励みますが、候補生たちは練習だけで精一杯。765プロのメンバーとの差を肌身に感じてしまします。

 合宿最終日にプロデューサーがハリウッド研修に行くくとを告げられ動揺する765プロのメンバーたち。しかしプロデューサーに最高のライブを見せようと決意を新たにします。

 後半に入るころ候補生であるミリオン組を舞台に慣れさせようと定例ライブに参加させますが候補生の矢吹加奈がダンスでミスをしてしまい、それが切っ掛けで自信を無くしてしまい練習に来なくなってしまします。

 加奈が来ないことで候補生組の雰囲気が悪くなり、またステージ演出でも現状から難易度を下げたものにするかでもめてしまいます。

 リーダーである春香は加奈がどうしたいかを聞くまでは最終的な演出は決められないと決断を濁しますがそれに業を煮やした候補生の北沢志保と溝は深くなってしまいます。

 全員でのライブを成功させたい春香は皆に加奈を探そうと呼び掛けます。

 加奈を見つけたした面々は全員で準備中のアリーナ会場へ向かいます。

 アリーナの広さに驚く面々。候補生たちもすくんでしまいますが、春香の決意を聞いて再び全員でライブを成功させる決意をします。

 そしてライブ当日。観客席満席の中ライブが開催され見事成功し、プロデューサーは皆に見送られてハリウッドに旅立ちました。

 合宿風景はアニメの1stライブでの竜宮小町以外の面々の練習風景を、加奈が自信を無くしてしまい皆の雰囲気が良くない方へ向かうところはアニメ後半で春香が自信を無くしてしまい皆がバラバラになってしましそうになったところを連想させる感じでした。

 また春香が加奈を気にかけるシーンが多く、先輩してましたね。伊織が志保を諭す事が多かったのは伊織と重なるところがあるからだろうという風にも見えました。

 以外にも雪歩が先輩として自分から候補生たちに積極的に話すシーンもありましたね。

 残念ながら今回りっちゃんはステージには立たずプロデューサーに徹していました。その代り合宿での練習最後の合わせではりっちゃんを含んだ765プロ全員でダンスを披露しました。

 美希のハリウッド進出や千早の海外レコーディング決定など765プロの活動が大きく広くなっている感じが出てましたね。

 ジュピターもちょいちょい出てきましたし、876はポスターでのみでした。

 エンドロールでは本編に登場してないミリオン組やシンデレラ組もチラッといました。

 最後のアリーナライブで流れた劇場用の新曲「M@STERPIECE」も良かったです。アニメでは1曲丸々躍りきることが少なかっただけに今作ではライブシーンには力が入ってました。中々圧巻です。主題歌シングルの発売が楽しみです。

 よしもう1回見に行こう。今月は厳しいから来月に。そしてブルーレイは買いです。予約が始まったらら即予約します。

 アニメ・ゲーム、他のメディアを問わずこれがアイマスの大きな節目になったのではないかと思えるような作品でした。

 
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック