1/144HG ガンダムアストレイゴールドフレーム レビュー

 明日は待ちに待ったドラゴンボールZ BATTLE OF Zの発売日。PS3とPSVita版を予約しました。あと戦国BASARA4も。

 昨日キャラクターの情報が更新されていて、バーダックの超サイヤ人とスーパーベジットが公開されてました。

 がしかしこの2人ダウンロードコンテンツで有料なんです。納得いかない!

 バーダックはともかく何故にベジットが有料なんですか!?おかしいでしょ。ドラゴンボールでキャラクターが有料っていうのはどうなんでしょう?スパーキングメテオを超えることはもうできないのでしょうか。

 あとアイマスチャンネルのあずさフレンズの配信が開始されました。PSネットワークのカードを買ったので早速ダウンロードします。

 長くなりました。今回は1/144HG ガンダムアストレイゴールドフレームのレビューです。

140122 (1)



140122 (2)



 キットの紹介は続きからどぞ。


 フロント&リア

 140122 (3) 140122 (4)

 頭部アップ

140122 (5)



 ビームライフル

140122 (6)



 対ビームシールド

140122 (7)



 ビームサーベル

140122 (8)



 350mmレールバズーカ「ゲイボルグ

140122 (9)



 交換右腕

140122 (10)



 交換ハンドパーツ

140122 (11)



 ポージング

140122 (12)



140122 (13)



140122 (14)



140122 (15)



140122 (16)



140122 (17)



140122 (18)



140122 (19)



140122 (20)



140122 (21)



140122 (22)



140122 (23)



 なぜプレミアムバンダイはゴールドフレームを優遇したんでしょうね?レッドフレームはともかくノーマルのブルーフレームもラインナップしてあげればいいのに。

 だたノーマルのゴールドフレームなだけでなくデュエルのバズーカやコミック等で登場した右腕がない状態用のパーツが付属しています。

 こうして天、天ミナと並べてみると、どうしてここまでゲテモノちっくになってしまったのでしょうね。

 ミラージュフレームもそうですけど、サハク姉弟のアストレイはどうして。

 グリーンとミラージュは何らかの形でキット化はあるのでしょうか?

  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック