聖闘士聖衣神話 キグナス氷河(神聖衣)-10th Anniversary Edition-

 今だにあの光景が忘れられない。あの一斉に大勢が駆け込んでいく光景が。

 今回は聖闘士聖衣神話 キグナス氷河(神聖衣)-10th Anniversary Edition-のレビューです。

131125 (1)



131125 (2)



131125 (3)



131125 (15)



 詳細は続きからどぞ。



 氷河(素体)

 131125 (4) 131125 (5)

 頭部アップ、交換フェイス

131125 (6)



 キグナス聖衣(神聖衣)オブジェ形態

131125 (7)



 キグナス氷河(神聖衣)

131125 (8)



 頭部アップ

131125 (9)



 ポージング

131125 (10)



131125 (11)



131125 (12)



131125 (13)



131125 (14)



 なんというか、白鳥じゃないですよこの色は。とはいえ銀色だと通常の物に交換フェイスが付いただけになってしまいますし薄青色だと星矢と被ってしまいますし。

 オーロラサンダーアタックを再現できる組んだ状態の手が付属していますが、腕を上げた状態だとなんとかつけられるのですが、正面で組ませようとすると胸の聖衣が腕に当たってしまって正面に構えられないんですよ。

 その豪華さの割に黄金聖衣張りに全身聖衣で覆われているためポーズをとらせるにも大きく動かせないのが神聖衣のちょっと残念なところですね。

 来月はついに女神アテナが発売されます。
 
 10th Anniversary DXディスプレイステージセット共々予約できると良いんですけど。
 
 あと聖闘士聖衣神話EXの氷河まだなのでしょうか?青銅はあと氷河だけなのに。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック