1/144HG ガンダムアストレイレッドフレーム(フライトユニット装備) レビュー

 大分過ごしやすくなってきたと思ったら、また日中は夏のように暑いですね。

 今回は1/144HG ガンダムアストレイ レッドフレーム(フライトユニット装備)のレビューです。

130910 (1)



130910 (2)



 詳細は続きから。



 フロント&リア

 130910 (3) 130910 (4)

 頭部アップ

130910 (5)



 ビームライフル

130910 (6)



 シールド

130910 (7)



 ビームサーベル

130910 (8)



 バクゥ偵察タイプ頭部ユニット

130910 (9)



130910 (10)



 ガーベラ・ストレート

130910 (11)



130910 (12)



 フライトユニット装備

 130910 (13) 130910 (14)

 フライトユニットへの武器マウント

130910 (15)



 オプションハンド

130910 (16)



 ポージング

130910 (17)



130910 (18)



130910 (19)



130910 (20)



130910 (21)



130910 (22)



130910 (23)



130910 (24)



 初期アストレイの中では外見の変化が1番少ないレッドフレーム。

 セカンドLや天ミナがでるのであれば、欲を言えばレッドフレームも初期のアストレイの時点で1番変化があったパワードレッドで脱してほしかったですね。

 旧レッドフレームだとメッキだったガーベラ・ストレートが本キットでは刀身をシールで再現しているのが残念です。メッキ処理をしてしまうと若干値段が上がってしまうので仕方がないのかも知れませんが。

 しかし、単にフライトユニット装備だけでなくバクゥヘッドが付属しているのは注目したいポイントだと思います。ビームサーベルの刃も付いてますし。

 グリーンフレームを作るならこれを買った方が手っ取り早そうです。

 近頃ご無沙汰になってしまっているガンプラレビューですが。

 素組ですら時間が掛かってしまい、完成したころには発売してから1,2週間が経ってしまてるので今更感が拭えないというか。

 MGだと半月以上過ぎてたり。

 エールストライクVer.RMやダブルバレットも組み立ててはいるんですけどね。

 
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック