グローランサーシリーズについて その8「魔法」

 テーマを決めるのも一苦労ですが、今回も語りますグローランサーシリーズ。今回のテーマは「魔法」です。

 グローランサーも他のRPGみたく魔法があるわけで、パーティーに1人は魔法専属キャラを入れてると思います。自分もそうですし。

 各シリーズでの魔法担当は、

 1:ルイセ、カレン 
 2:シャルローネ、リビエラ、アリエータ 
 3:モニカ、弥生 
 4:フレーネ、イライザ
 5:ファニル 
 6:ウェンディ、ルキアス   です。

基本全キャラも攻撃魔法担当ですが、カレンは回復魔法専門にしたり、シャルローネはストーリー中盤以降からサポート魔法担当、3~6は攻撃・回復・サポートを兼用させました。

 皆さんはどの魔法をよく覚えさせたり使用しますか?自分はホーリーやサイクルアップ、キュア、ヒーリングは覚えられるなら必ず覚えさせてます。それ以外は状況しだいとか。
 そしてこのシリーズ、アースクウェイクを使えるようになるとかなりラクになる、と書いてあるのをよく見かけたのですが、自分はそうでもないように感じる部分もありました。2は確かにアースクウェイクがあるとかなりラクですが、シリーズを通して詠唱時間が長い。詠唱途中に倒されるなんて珍しくありませんでした。あと自分はアースクウェイクよりもメテオのほうが使いやすいと思ってます。アースクウェイクと違い射程・範囲がありますが、使ってみるとアースクウェイクよりも強く感じましたし、詠唱時間も若干短いように感じます。4は2人で協力しなければ使えませんが。

 2のように魔法でしか回復手段がないとパーティーメンバーの半分ぐらいがキュアを覚えていたりします。

 正直、後半は強力な魔法にたよりがちになりますが、何だかんだでないとかなり困ります。

というところで今回はここまでとします。ついでにグローランサー3、4、5の2周目の進行状況を。

 3:魔法障壁発生装置3号機の戦闘後、ポーニア村での戦闘、ヴォルトーンにもどりアパートを貰ったところまで

 4:カフマーンの滝内での戦闘が終わり、カフマーンの滝に天使をおびき出して戦闘、天使のレプリカを倒し、サンセールでの戦闘終了

 5:ロール2ランディ編を終えロール3ロックバイン編の始め

間で進めました。では。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック