劇場版 ドラゴンボールZ 神と神

 3月も今日で最後。来月からは新年度ですね。

 劇場版 ドラゴンボールZ 神と神を見に行ってきました。

                        130331 (1)

 前売り券特典

              130331 (4)

 自分はBセットをもらいました。

 パンフレット

                     130331 (2)

 入場者特典

              130331 (3)

 特典はドラゴンボールペン最後の1つとドラゴンレーダーケース、ドラゴンボールヒーローズカード、ドラゴンボールヒーローズアルティメットミッション連動QRコード。

 17年ぶりの劇場版いうことで昨年から楽しみにしてました。

 ネタバレはなるべく控えますが。

 今作ではオリジナルの超サイヤ人ゴッドが登場。どんな変化をするかと思いきや、外見上は大して変化しませんでした。3や4があれだけ変わるだけにちょっと外れた感がありましたが、1人では成れないところがポイントでした。

 劇場ポスターをはじめとしたイラストで何故悟飯が超サイヤ人になってたのかずっと疑問というか納得が行きませんでした。GTでならともかくブウ編から数年後が舞台でならアルティメット悟飯じゃないと。

 しかし悟飯が超サイヤ人になるのは戦うためではなく、超サイヤ人ゴッドと関係するためでした。

 ほぼオールスター登場ですが、クリリン達はほとんど出番なし。餃子いたけどセリフなかったような…。

 ベジータが頑張っています、戦い以外のところで。正直笑いを堪えるのに必死でした。

 そんな中今回ビーデルが意外なキーパソンとなります。

 破壊神ビルスは見た目の割に予想以上の強さで、超サイヤ人3の悟空は2回の攻撃で気絶し、ブウ悟飯が軽くあしらわれる程。そういえばブウは劇場版初登場ですね。

 結論を言うとビルスは倒されません。そこは一応神様といことで倒してしまうという展開は不味いんだろうと。

 じゃあどうなるのか?それは劇場で。

 2回目見に行く?ビミョー。

 ブルーレイは?どうしようかな。

スポンサーサイト

| NEXT≫