ガンプラ製作 徐晃サーペント製作記 その6

 前回同様約1週間ぶりの徐晃サーペント製作についてです。

 それでは今回までで行った作業について紹介していきます。

 前回切断状態で紹介した足のパーツを接着しました。

              徐晃 製作18
 
 また、今回の作業で1番大掛かりなのは、方の鎧の接続方の変更です。

          徐晃 製作19

 プラパイプとパテを使い方との接続方法を変更。ポリキャップを挟み肩の鎧を分割せずに取り外すことが可能になります。下の写真は取り付けたものです。もう両肩行ってます。

          徐晃 製作20

 あとは、外から見えるので、見える部分の形を整え、ポリカバーを作ろうと思います。

 あと、自作した左手を付けられるようにしました。

          徐晃 製作23

 首回りをいじりました。

          徐晃 製作21

 写真では分りにくいですが、上半身を分割したとき後ろ側のパーツの上の面は全くディテールがないのでデザインナイフとヤスリでディテールを加えました。

 そして、首にあたる部分を切り取り、

                     徐晃 製作22
 
 プラ板とプラ棒、ポリボールを使い首をボール可動できるようにしました。

 武器も少し変更してます。

                    徐晃 製作27

 斧の上の刃の部分を少し削り、ランナータグを加工したものを接着しました。下の刃も同じようにする予定です。

 ここまでで1度バランスを見てみました。

     徐晃 製作24 徐晃 製作25

 実は、首の部分は付いてはいますが、ボディ側の穴が大きすぎてグラグラです。パテで整えます。

 トサカと海竜のパーツもパテでバランスを整えている最中なので、まだ見栄えが良くないです。中々納得のいくバランスが取れなくて苦悩してます。


スポンサーサイト

| NEXT≫