グローランサーシリーズについて その1「主人公について」

 今回からグローランサーのシリーズをとおして色々なテーマで書いていこうと思います。

今回のテーマは「主人公」について。

 グローランサーシリーズでは2以外は基本的に主人公は喋らず、会話の途中に出てくる選択などで性格が決まるのはシリーズをプレイした方ならご存知のはず。
ではそれぞれの主人公について。1番好きな主人公は4のクラヴァニールで、1番好きになれないのが2のウェインです。1のカーマインや6のメークリッヒも好感がもてます。3のスレインが中の上ぐらい。5のゼオンシルトはなんともいえません。なんというか主人公感があまりになかったので。またウェインは声があり性格が決まっていて共感が持ちにくかったりしました。この辺のことはプレイ前に調べたとき何度か見かけたりしたのですが。実際プレイしてみるとその通りだなぁと思うところも多かったり。3もたまに声があったりしますが、基本てきにはないので。4を最初にプレイしたので少し違和感はありましたが。ですが4をプレイしたとき主人公に声がないことに違和感を感じていました。声があるものだとずっと思っていたので。しだいに慣れましたが。
 4の主人公が1番気に入ってはいますが、なにより残念なのがあの黒紅。イラストではたまにあれがなかったりするのがあったり、4リターンのOVAではないのですが、ないほうが断然イイと思うのは自分だけでしょうか?
 2のウェインは年相応な容姿だとは思うのですが、1のカーマインと1~2歳しか違わないはずなのにウェインのほうが童顔に見えたり。
 3,5,6の主人公は見た目カッコいいと思います。ですが5。先にも書きましたが、主人公感が無さ過ぎて空気みたいです。

 あと、続編物の場合前作の主人公が登場することがありますが(2に1の主人公、6に5の主人公、3は2のデータがある場合)、前作の主人公の性格が淡白だったり、いまひとつ感情表現が薄く感じることがありました。まぁもともと声や決まった性格があった訳ではないので、しょうがないかもしれませんが。

 でも、シリーズ内でデザインがかぶってる部分が少ないのは良いことだと思います。

 今回はここまでにしたいと思います。次回も何かテーマを決めて書きたいと思います。
スポンサーサイト

| NEXT≫